プレスリリース:世界中の人々が国際ボランティア・デーを祝福

 

国際ボランティア・デー: 「ユース、グローバル、アクティブ」

世界中の人々が国際ボランティア・デーを祝福

 logo_eng_bold

2013年12月5日 アフガニスタンからジンバブエまで世界80カ国の人々が、12月5日の国際ボランティア・デーをボランティア活動、パレード、ボランティア・フェア、清掃活動、献血、集会、会議、展示会、募金、ワークショップなど、ボランティア活動に注目するイベントを通じて祝っています。

 

国際ボランティア・デーは、個人、地域社会、そして組織が、ボランティアの地域社会、国家、国際社会における平和と開発への貢献を推進する機会です。2013年の国際ボランティア・デーで、私たちはあらゆる面からボランティアリズムを称えるだけでなく、地球規模の平和や持続可能な人間開発のために貢献している若者のボランティア活動に注目したいと思います。

 

自身のコミュニティで変革の主体として行動する若者を讃える2013年の国際ボランティア・デー

「国連ボランティア計画(UNV)の事務局長になった最初の年、幸運にも私は世界の何十ものUNVが支援するプロジェクトを訪問し、平和と持続可能な人間開発の最前線で活動する、多くの若い国連ボランティアに出会うことができました」と、リチャード・ディクタスUNV事務局長は言っています。

 

「彼らは活動を通して実際に持続的な変化をもたらしただけではなく、若い人々のお手本として、大きな影響を与えています。」

 

国連ユース・ボランティアは、行動から真に人々にインスピレーションを与える存在です。ボランティア活動を通して、若者は、我々皆が求めている未来への道を開いています。

 

ニカラグアで活躍しているユンゲン・ソンさんを例にしてみましょう。「私はUN Womenのニカラグア事務所で、女性の経済的地位向上のために活動していることを誇りに思っています。私の任務は現地で働く4つの異なるタイプのカウンターパート、すなわち自身の土地を必要とする農村部の女性、国内労働者の権利を擁護する労働組合員、社会保障法を改正しようとしている女性、男女平等の模範となる優れた起業慣習のモデルを構築している人を支援することです。これらの女性たちと一緒に活動することは、私にとって多くの気づきをもたらしました。ジェンダーの不平等の理由は何か、多様な形があるのはなぜか、効率的で現実的な解決法は何か、何か私自身にできることはあるか、など様々な課題を考えさせてくれました。

 

ユンゲンさんを始めとする他のボランティアの方たちの写真はこちらをご覧ください。

 

国際ボランティア・デーに行われる行事の例tagline_ENG

エジプトでは、アフメス・ボランティア・チームが人々の安全に害を及ぼすような危険や脅威を認識することに役立つ、クラウド・ソーシングを基盤とした災害マップを作り始めました。これにより、危険・脅威により効果的に向き合うことができるようになり、我々の都市を強靭なものにし災害リスクを減らしています。

 

ナイジェリアでは、ボランティア・エンゲージメント・ネットワークが現地のボランティアの能力を向上させるために、国際ボランティア・デーに研修の機会を設けることになっています。

 

インドネシアでは、ボランティアのグループとUNVインドネシア事務所が共同でインドネシア人の思いやりや共有の精神を称えました。彼らの社会貢献に対する理解や認知を上げるために、ボランティアとボランティア関連組織は、この国際ボランティア・デーという機会を活用しました。

 

ニカラグアでは、コミュニティ団体が、先住民の人々の重要性を認識するためのイベントを開催します。

ケニアでは、国際ボランティア・デーは12月2日から7日にかけて開催される、ユース・ピース・ウィーク・フェスティバルの一環として祝われます。

 

詳しい情報はこちらをご覧ください。

 

参加方法:

世界中の国連ボランティアが、国際ボランティア・デーのキャンペーン・ウェブサイトで、どのように変化をもたらしているのかを共有しています。またUNVのツイッターでは、ボランティアをしている様子や、みなさんが創造していく未来を♯actioncountsのハッシュタグを用いて、シェアしてください。

 

知っておきたい事柄:

先月、壊滅的な台風のハイアンがフィリピンを襲った際も、地元ボランティアと国際ボランティアの迅速な対応が多くの命を救いました。ボランティアは復興と救援における希望の光となるでしょう。

 

平均的に、国家のGDPの5%と同等の経済的貢献をボランティアがしているという調査結果もあります。これはエネルギー・ガ

ス・水供給部門からの貢献を超えています。

 

2012年には、6800人を超える国連ボランティアが国連の開発プロジェクトと平和維持活動に派遣され、11000人を超える人がUNVオンライン・ボランティア・サービスを用いてボランティアをし、さらに57000人の地元ボランティアがUNVの努力により世界中で動員されました。

 

ボランティア活動は貧困をなくすことや、平和を達成すること、そして持続可能な開発を目指す上で鍵となります。

 

国連ボランティア・デーによせるメッセージ

 

潘基文(パン・ギムン) 国連事務総長

ヘレン・クラーク 国連開発計画(UNDP)総裁

リチャード・ディクタス 国連ボランティア計画(UNV)事務局長

 

連絡先:

国連ボランティア計画(UNV)

コミュニケーション課 

課長 ジェニファー・ステイパー
Jennifer.Stapper@unvolunteers.org
+49 15201522181

 

UNVについて

UNVはボランティアリズムを通じて世界の平和と開発に貢献する国連機関です。 UNVはボランティア活動の認知向上のための啓発活動、ボランティアリズムを開発計画に統合するためのパートナーとの連携、経験豊富な国連ボランティアを含むより多様なボランティアの動員を通じて平和と開発に貢献します。 UNVはボランティアリズムを普遍的かつ包摂的なものとしてとらえ、ボランティアリズムの持つ多様性、自由意志(freewill)、責務(commitment)、参画(engagement)、団結(solidarity)といった価値を推進しています。 詳しい情報はこちらをご覧ください。www.unv.org