国連ユースボランティア

国連ユース・ボランティア・プログラム

unv_photo05「世界中の多くの若者たちは自分たちのコミュニティのためにボランティア活動をすることで、平和と開発のために形のある貢献をしています。市民参画は結束力のあるコミュニティを作り、若者の社会への統合を促進する主要な要素です。若者の社会参加を確保するための努力がなされるべきです。」2010年の国際ユース年の開始にあたって発表された国連機関の共同声明より(2010年UNV年次報告書 7ページ)

国連ボランティア計画(UNV)は若者のボランティアリズムをミレニアム開発目標と持続可能な開発を達成するための人間中心の資源として推進しています。同時に、若者のボランティア活動は雇用を促進し、若いリーダーの育成に貢献しています。

UNVのボランティアリズムを通じた若者に対する取り組みは、1976年に採択された国連総会決議に基づき開始されました。UNVは、これまで国連加盟国政府と連携して、国、地域、国際レベルで若者が社会、経済、人間的な潜在能力を開花できる機会として、ボランティア活動を推進する環境づくり(若者のボランティア・プログラムの創設、ボランティア・センターの設立、青少年に対する政策や立法に対する提言等)を支援してきました。さらにUNVはヨーロッパや米国、日本等の10の大学と連携して大学生のボランティア活動を推進し、UNVが運営・管理する「UNVオンライン・ボランティア・サービス」で、インターネットを通じた若者のボランティア活動への参加可能性を拡げてきました。

2012年1月25日、潘基文国連事務総長は、自身の「5か年行動計画」の中で、若者のボランティア活動の重要性について言及し、若者の社会参加、雇用可能性の増進の有効な手段として「国連ユース・ボランティア・プログラム」の創設をUNVに委ねました。これを受けUNVはこれまでの若者を対象とした活動を深化・拡充するための、「国連ユース・ボランティア戦略」の作成を開始しました。「戦略」の中心には、コミュニティと同時に、活動と変革の主体としての若者自身を置くことになります。

「国連ユース・ボランティア・プログラム」には、以下の3つの大きな重点分野があります
1.若者のボランティア活動に関する地球規模での啓発活動とパートナーシップ
2.政策提言を含む政府・地域レベルの若者のボランティア・プログラムの創設・運営・管理のための
     能力強化支援
3.「国連ユース・ボランティア」のモダリティの創設

unv_photo062013年1月、国連開発計画(UNDP)とUNVは、若者のボランティアリズムを推奨するための信託基金を設立しました。
若者に投資し、その潜在能力を活用することは、若者の生活を豊かにするだけでなく、ミレニアム開発目標(MDGs)と持続可能な開発の達成に貢献すると考えられています。
この若者のための新しい信託基金の設立は、国連ユース・ボランティア・プログラムの発展にとって重要な通過点であるといえます。
この信託基金は、UNVが、若者の自発的活動を直接促すような、若者のボランティア活動の構想を支援したり、支援対象国の政府機関が、自国や、地域の若者のボランティア・スキームを発展できる能力を強化するために利用されます。

国連事務総長は、国連事務総長のユース特使としてヨルダン出身のアハメド・アレンダウィ氏を任命しました。今後、UNVは、アレンダウィ氏と共に地球規模の若者についての課題に取り組んでいくことになります。

現在展開されているUNVの若者のボランティア活動を推進するプロジェクトには、次のようなものがあります。

プログラム名 対象国
Arab Youth Volunteering for a Better Future
(より良い未来のためのアラブの若者によるボランティア活動)
エジプト、ヨルダン、モロッコ、シリア、チュニジア、イエメン
Social Innovation and Volunteerism
(ソーシャル・イノベーションとボランティアリズム)
ウズベキスタン
Reinforcement of Cultural Aspects of Outreach Settlements through University Volunteer Services
(学生ボランティアを通じた調停:アウトリーチの文化的見地の強化)
グアテマラ
Young Football Volunteers
(若者によるサッカー・ボランティア)
ウクライナ
Youth Employability and Retention Programme
(若者の雇用可能性と雇用維持推進プログラム)
ボスニア・へルツェゴビナ
University Volunteer Scheme for Youth Empowerment and Development
(若者の能力強化と育成のための大学ボランティア・スキーム)
インドネシア
ECOWAS Youth Volunteers Programme
(ECOWASユース・ボランティア・プログラム)
西アフリカ経済共同体

2012年の若者に関連する国連ボランティアのデータ:
●すべての国連ボランティアのおよそ14%である996人が、21歳から29歳の若者でした。
●オンライン・ボランティアの62%である6820人は、若者による貢献でした。

| 活動内容トップに戻る |