「サブサハラアフリカにおける新型コロナ感染症COVID-19対応のためのJapan-UNVパートナーシップ」国連ボランティア募集 (募集は締め切りました)

 

この度、国連ボランティア計画(UNV)では日本政府の協力を得て「サブサハラアフリカにおける新型コロナ感染症COVID-19対応のためのJapan-UNVパートナーシップ」を立ち上げました。

当パートナーシップによるプログラムでは、主にサブサハラアフリカ地域においてCOVID-19対策を実施している各国連機関に日本人専門家を国連ボランティアとして派遣することにより、保健、社会・経済復興、戦略立案・調整などの分野でCOVID-19の影響を緩和することを目的としています。

ポスト一覧 (募集は締め切りました

国連機関 派遣先 タイトル 言語  応募資格学歴 実務経験年数
1. UNRCO Phnom Penh, Cambodia Peace and Development Analyst English Bachelor degree 3
2. WHO Yaounde, Cameroon Universal HealthCoverage/Quality of care program officer English, French (Optional) Master degree

3

3. WHO Djibouti, Djibouti COVID-19 Monitoring and Evaluation Officer English, French (Optional), Arabic (Optional) Master degree 3
4. UNICEF Kinshasa, DRC Adolescent and Youth Engagement officer (Covid-19)  French, English (Optional) Bachelor degree 3
5. UNICEF Conakry, Guinea COVID-19 Programme Manager English, French (Optional) Bachelor degree 3
6. UNICEF Nairobi, Kenya Supply & Logistics Specialist – COVID-19 Vaccine Roll-Out English, French (Optional) Master degree 3
7. UNFPA Windhoek, Namibia Psychosocial support and Livelihood English Master degree 3
8. UNRCO Freetown, Sierra Leone Peace and Development Analyst English Bachelor degree 3

9.

IOM Lusaka, Zambia Vaccine Intervention, Support and Delivery Officer- hard-to-reach populations English Master degree 3
10. IOM Harare, Zimbabwe Social and Economic Recovery Officer English, French (Optional), Spanish (Optional) Master degree 3

COVID-19の影響で渡航に制限がかかる場合の条件を募集要項にてあらかじめご確認ください。現在の居住地からリモートで契約が開始されることがあります。

※採用者にはUNVが実施するトレーニングを受講していただきます(トレーニング参加費用はかかりません)。

※応募にはUNVのユーザーID登録が必要です。